Macを使ってiPhoneを操作せずにテザリングする方法

外出中にMacbookで作業している際、皆さんはどうしていますか?

私は、お店(コワーキングスペース、カフェ等)のWi-Fiを使ったり、自前で用意したモバイルルータを使ったりしています。

ですが、お店がなかったり、うっかりモバイルルータを忘れてしまった時に困ってしまいますよね。

そんな時は、iPhoneを使ってテザリングしましょう!

[add_adsense_singleLinkAd]

iPhoneのテザリングについて

iPhoneには、インターネット回線をWi-Fi経由で利用することができるテザリング機能があります。

通常、この機能はスマートフォン側でテザリング機能を有効にしたあと、パソコン側からネットワークに接続します。

なので、一度スマートフォンを手に取りテザリング機能を有効にしないといけません。

しかし、iPhoneとMacであればiPhoneを手にすることなく、Macからリモート操作でデザリング機能を有効にすることができます。

この機能のことを「インスタント・ホットスポット(Instant Hotspot)」機能と呼びます。

接続解除際も、Macから操作が可能ですし、Macをスリープにすると自動的にオフになります。

iPhoneのテザリング機能の設定方法

テザリング機能をONにする

開始するには、iPhoneとMacをiCloudで連携させたうえで、メニューバーの[Wi-Fi]をクリックし、「インターネット共有」の区切りにあるiPhoneを選びます。

iPhoneのステータスバーが変化する

テザリング機能を有効にすると、iPhone側ではステータスバーが青くなりインターネット共有が開始されます。

テザリング機能をOFFにする

テザリング機能をOFFもMacからリモート操作で行うことができます。

メニューバーから「iPhoneとの接続を解除」を選択するとデザリング機能をOFFにすることができます。

是非外出の際に、役立ててみてください!