Visual Studio 2017をインストールしよう!

Visual Studio 2017とは?

Visual StudioはMicrosoft社が製作しているプログラム開発ツール(統合開発環境)です。

Windowsで動くプログラムを作るときは、このVisual Studioを利用すると簡単に作ることが可能です。

Visual Studio は、何年か毎に新たなバージョンが発表され、Visual Studio 2017は2017年3月にリリースされました。

今回は、このVisual Studio 2017を無料でインストールしていきましょう!

[add_adsense_singleLinkAd]

Visual Studio 2017のダウンロード

Visual Studio 2017はMicrosoft社のVisual Studioホームページよりダウンロードできます。

Visual Studioホームページ(https://www.visualstudio.com/ja/vs/)

ホームページを開くと、Visual Studioのダウンロードと書かれた所からCommunityを選択しましょう。

すると、vs_communityから始まるファイルがダウンロードできるので、実行しましょう。

Visual Studio 2017のセットアップ

ダウンロードしたファイルを実行すると、このような画面が出ることがありますが”はい”を押して続けましょう。

続行をクリックします。

しばらく待つと、次のような画面になります。

この画面では、Visual Studio 2017を使って何のプログラムを開発したいかをチェックを入れて選択します。すると、自動でそれに適したものをインストールしてくれます。

ゲームや、WEB、クラウド等様々な選択肢がありますが、ここでは丸で囲ってある3つを選択して進めていきます。この3つでWindowsで動くソフトウェアが作成できます。

なお、この設定は後から追加したりすることも可能ですので、あまり悩まないでください。

チェックを入れたら、インストールをクリックします。

インストールが始まります。かなり時間がかかるので、表示されている数字が100%になるまでお茶でものみつつ、気長に待ちましょう。

インストールが完了すると、インストール済みと表示されます。

起動ボタンをクリックすると、Visual Studio 2017が起動します!インストールはこれでおしまいです。

Visual Studio 2017 初起動!

インストール後、起動をすると次のような画面になります。

Microsoftアカウントでサインイン(ログイン)してくださいという画面ですが、ここでは”後で行う”をクリックしてサインインしないで進めます。

なお、サインインを行わないと30日間でVisual Studio 2017が使えなくなってしまいますが、サインインはその時や、後から行えます。Microsoftアカウントの作り方、サインインの仕方は後日、別記事で紹介する予定です。

後で行うをクリックすると次の画面に進みます。

ここでは、Visual Studio 2017の見た目の設定を行うことができます。

開発設定では、特定の言語に使いやすいような設定を自動で行ってくれる機能ですが、全般で良いでしょう。

配色テーマの設定では、自分の好きな色を選びましょう。私は”濃色”が好きですがここでは”青”で進めていきます。

設定が終わったら、Visual Studioの開始ボタンをクリックします。

お疲れ様でした!無事、Visual Studio 2017が起動しました。ここからプログラミングを始めましょう!