変数ってなに?

変数とは

変数を現実世界のもので例えると、箱がイメージしやすいです。

変数は、プラグラム中の値、計算結果、入力結果などのデータを格納するための箱です。

しかし、実際のところはコンピュータの中に箱が入っているわけではありません。

コンピュータにはメモリと呼ばれるデータを記憶できる装置が含まれています。

プログラムの処理中に扱うデータは、メモリのある一部の領域に保存されます。

プログラムから簡単に使えるように、その領域に名前を付けたものが「変数」です。

変数を使うと、一時的にデータを保存しておき、別のいろいろな場所でそのデータを使うことが可能です。

また、変数は、英語で「variable」といいます。プログラム中で「変化できる数(再定義ができる)」という意味合いで覚えておきましょう。

マスターまっする
マスターまっする

言語によって、変数の「型」を指定し、値の種類や範囲をしてする必要があるのじゃ!

覚えておこうの!

代入とは

変数に値を入れることを「代入」といいます。

たとえば、indexという変数に1という値をいれること行為を「変数indexに1を代入する」といいます。

変数の使いかた

変数を使うには、下記の流れになります。

  1. ① 変数を定義する
  2. ② 変数に値を代入(変数にデータを入れる)
  3. ③ 変数の参照(変数に入れたデータを見る)

以上で、変数についての説明は終わりです!しっかりと覚えておきましょう!