例外処理とは

例外処理とは、予期しないエラーが発生した場合に、実行中の処理を中断して予期しないエラーの対処をすることをいいます。

例外処理の書き方は、プログラム言語によって異なりますが、一般的に下記のような書き方をします。

[add_adsense_singleLinkAd]

例外処理の書き方

try{
//例外が起こる可能性があるコードをここに記述する
}catch(){
//例外発生時に行うコードをここに記述する
}finally{
//処理の一番最後に必ず実行するコードを記述する
}

例外処理は、上記のような書き方をする場合が多いです。

tryの中で例外(エラー)が発生すると、catchブロックの処理に移行します。

例外処理をしないとどうなるのか?

例外処理を記述していない場合、プログラムが予期しないエラーに対応できずに異常終了してしまいます。

プログラムでは、エラーにならないように値や範囲のチェックをすることはもちろんですが、予期しないエラーが発生することがありますので例外処理を書くようにしましょう。

マスターまっする
マスターまっする

例外処理をちゃーんと書いておれば、異常終了を防ぐことができるんじゃ!

みんなもしっかりと書くように心がけようの!

ちからこぶくん
ちからこぶくん

は〜〜い!