バグってなに?

バグとは

バグは、プログラム中に混在している誤りや欠陥のことを指します。

プログラムにバグがあると、プログラムの実行が途中で停止したり、予期しない結果を返したりする原因になります。

ちなみに、セキュリティ分野でのバグ(欠陥)は、セキュリティホールといいます。

また、バグがどこにあるかを探し出してバグを取り除くことをデバッグといいます。

ぷろちゃん
ぷろちゃん

プログラマーのひとが、「バグった〜><」って言ってるのを聞いたことがあるけど、

このことだったのね!

コンパイル時のエラーと警告

エラーは、プログラムを続行できないような重大な損害のことです。

警告に関しては、無視してもプログラムは実行することができますが、実行段階でエラーになったり思った通りの結果が得られない場合があります。

警告が出たら、放置せずプログラムを実行する前に修正するように心がけましょう!

マスターまっする
マスターまっする

デバッグには、非常に時間がかかることがある!

しかし!新たな問題解決をすることによってエンジニアというものは成長していくのじゃ。

心が折れそうになるときもあるかもしれんが、気張るじゃ!

ちからこぶくん
ちからこぶくん

どうしても一人ではわからないときは、素直に先輩や友達に聞くことも良いことだと思うよ!